安 那 明 神 社

拝 殿

参道入り口

Topページ
深安神社めぐり 

ページトップ

安那明神社は「深安神社めぐり」の15番目の神社

【所在地】
 広島県福山市字三谷213
【祭神】
  天津彦瓊々杵命(あまつひこににぎのみこと)
  大己貴神(おおなむちのかみ)
  事代主神(ことしろぬしのかみ)
【例祭】
  十月第二日曜日(旧例祭日 九月)
【由来】
  天平勝宝五年(七五三)九月八日、孝謙天皇の時代に、青龍大明神を祀り創建されたと伝えられる。
  白河天皇であった応徳年中(一〇八五)に火災により一部焼失したが延宝八年(一六八〇)に本願主
  安倍六郎右衛門が社殿を再建し当氏神と崇め、これを機に社号を改元して安那明神となる。
  元禄年中(一六八八〜)の東山天皇の時代に、御検地の石切り社地二畝三歩、山林一反六畝、
  藪一畝一六歩、田七畝二歩を境内とする。現在の社殿は、大正九年一二月七日に再建され、旧三谷を
  守る氏神として祀られている。
      広島県神社庁 深安二十六社神社めぐりより転記||

参道入り口に神社の看板

地 図

参道入り口からの集落

古い瓦が保存されている

本 殿

拝殿からの参道

奉納されている絵馬

狛 犬

拝殿前の狛犬と注連柱

燈籠の傘の支えが木製です

県道390号線脇に安那明神社まで250mの看板

正面は県道103号線とのT字路

拝殿からの本殿

大鳥居脇の手水鉢

大鳥居からの拝殿

大鳥居