多祁伊奈太岐佐耶布都神社は「深安神社めぐり」の13番目の神社

【住所】
  福山市山野町山野原谷
【祭神】
  下道国造兄彦命、大穴母智命  摂社  赤浜宮稲田宿称命
【例祭】
  七月十九日、    十一月三日(旧例祭日 旧暦九月十九日)
【由来】
  広島県天然記念物の大磐の洞窟の中に鎮座奉斎されており、岩穴宮とも岩屋権現とも呼ばれる。
  第二十一代 雄略天皇の御字の鎮座と言われ、日本三代実録(八五八〜八八七の歴史書)に「陽成天皇
  の天慶二年備後国 多祁ノ伊奈太岐佐耶布都神社従五位下を授く」とある。一五〇〇年に及ぶ古社で、
  延喜式神明帳に記載された式内社である。御除地社地十二歩、山林五反歩、社殿の再建は寛平三年、
  元禄六年、元文二年、赤濱宮は寛政十一年に行われた記録がある。神主家の寛文年中の出火、その後の
  改姓屋敷替などにより、古記録の文物が少なく、式内社であることすら消滅した時代もあったが、明治
  時代となるはじめ、戊辰年十一月十六日式内社として認承され、次いで阿部正桓藩知事の参詣があり、
  多種の武具や幕が奉納された。以後、社紋に阿部家の家紋を用いるようになった。明治時代に部落内の
  小社祀が当神社に合祀された。式内社でありながら、村社にもならず戦後を迎えた神社は他にないと
  思われる。社殿が洞窟の中にあり湿害もひどく、又上部の岩の崩落による被害が度々あったが、氏子に
  より社殿の上に覆の屋根を作り、落石防止工事などが行われ、また祭礼の当番組により次代への継承の
  形も出来ている。

    広島県神社庁 深安二十六社神社めぐりより転記||

Topページ
深安神社めぐり 

  近くの
 龍 頭 峡
(龍頭の滝)

ほこら穴の詳細

手水場と社・社の左側では鍾乳石が流れている

多祁伊奈太岐佐耶布都神社(岩屋権現)

参道入り口大鳥居

参道入り口前

参道階段 (この上が岩屋)

天井から鍾乳石が垂れている

岩穴の外

岩穴の中にある本殿